ホーム » 第86回 日本胃癌学会総会 » 総会のまとめ

総会のまとめ

第86回 日本胃癌学会総会は、「胃癌の制圧・叡智と実践」をテーマに掲げ、2014年3月20日(木)~22日(土)の3日間開催されました。近年の胃癌診療は極めて進歩したものの、胃癌を完全に征圧するためには予防、発見、治療の早期化を図ると共に、治療面においては、低侵襲治療、化学療法、緩和医療までバランス良くトータルに発展進歩することが重要であるとの課題意識に鑑み、各方面の最新の基礎研究や臨床研究の報告を結集共有し、ディスカッションを重ねて叡智を築き上げることを本学会の目指すところとしました。

総会は、特別講演を3演目、教育講演4演目、ワークショップ16テーマ、パネルディスカッション9テーマ、シンポジウム6テーマなど、質量共に密度の濃いプログラムでしたが、中でも特筆すべきは特別講演の充実具合です。国際医療福祉大学の北島学長を座長、日本胃がん予知・診断・治療研究機構の三木理事長を演者に迎えた特別講演1では、「胃がんリスク検診(ABC検診)の現状と今後の展望」と題して白熱の演説がなされました。

このほかにも、自治医科大学の菅野教授や北海道大学大学院の浅香特任教授による「わが国から胃癌関連死を撲滅するためのロードマップ」、そして一風変わった演目の「ミスターGT-R、胃癌を克服、生きる力を語る」などバラエティに富むアプローチがなされ、胃癌に関わる医療シーンの多面性を実感することとなりました。

また、教育講演では「iPS細胞研究の現状と展望:腫瘍学への応用の可能性」など、胃癌に限定せず腫瘍全般に視野を広げた考察が成されるなど、胃癌診療の裾野の広がりを感じられるテーマが発表されました。

このほか、「そこが知りたい!-胃がんの早期発見・早期治療」と題して市民公開講座を開催し、近年富に話題に上るピロリ菌や治療・手術の実際についてやさしく解説するなど、専門家のみならず広く市民にも門戸を開いた総会として、盛況のうちに幕を閉じました。”